新八犬伝各話紹介その2

同人誌「特集 新八犬伝」とストーリー本(上・中・下)、シナリオを基にしています。
物語を思い出す手がかりになればいいな、と思いますが…464話分ですのでまだ作成中 。

第235回〜第464回                            ・・・新八犬伝各話紹介その1へ

第235回 里見城に集まる五犬士。(現八・角太郎・額蔵・道節・小文吾)   
第236回 信乃、リョンピンを送り届けた明からの帰り道、嵐にあって琉球漂着。  
第237回 琉球の城に渦巻く陰謀。尚円王毒殺計画に気付くレン夫人。  
第238回 王の弟、尚権威と琉球の巫女の親玉である阿公、悪のつながり。  
第239回 身の潔白を証明するため順徳切腹。疑われたレン夫人は幽閉され、男子を産む。  
第240回 レン夫人、子供を尚円王に預けて自害。そして15年後、子供は立派な王子に。  
第241回 立太子式で「球」の珠を預かる真加戸樽金王子。信乃の珠は尚権威の手に。  
第242回 尚権威が孝の珠を利用して王位につく。信乃と樽金王子は意気投合。  
第243回 信乃が竜宮城へ乗りこんで中婦君のお付きとなる.。  
第244回 信乃はなんとか珠を取り戻すが落とし穴にはまる。  
第245回 信乃から「琉」の珠を手に入れる朦雲、尚権威の前に現れ、ワザワイを呼ぶ。  
第246回 竜宮城にワザワイが来る。朦雲は摂政となる。信乃とワザワイ、一騎撃ち。  
第247回 ワザワイの腹に吸い込まれる信乃、危機一髪のところを伏姫に救われ、
とある娘の涙を見る。
 
第248回 母と兄のために生贄になろうとする新垣。信乃は身代わりとなって棺の中へ。  
第249回 信乃が棺の中から見た朦雲の正体はミヅチの悪霊。  
第250回 石牢に放り込まれる信乃。一方、那古の里では山伏姿の浜路が道節と共に
堺へ旅立つ。
 
第251回 友を求めて旅立つ、ゝ大法師、現八、小文吾、額蔵、角太郎。
富山では浜路が一羽の鶴を助け、その鶴の足に自分のかんざしを結びつける。
 
第252回 村雨を取り戻した信乃、朦雲に襲われるが犬に変化して空の果てに消える。  
第253回 朦雲の金の枕が盗まれる。運玉の森で信乃は新垣に刃を向けられる。  
第254回 運玉ノ義留登場。不幸な身の上の新垣に金の枕を与える。  
第255回 信乃、義留を連れて樽金王子の元へ向かう。中婦君も珠を奪いに王子の元へ。  
第256回 馬琴の作品の大紹介。
信乃と義留は中婦君と白妙が化けた親子連れと道連れになる。
 
第257回 信乃と王子再会。義留は王子の忠臣、毛国偵と共に首里の都の様子を探りに行く。  
第258回 涙ながらに王子にすがる中婦君。
白妙はミヅチのいる竜宮城には帰りたくないと、信乃にすがりつく。
 
第259回 中婦君が阿公の妖術の助けを借りて球の珠を手に入れる。
信乃を襲ったワザワイは阿公を圧し潰す。
 
第260回 信乃の頭脳作戦にワザワイ退散。信乃達は朦雲の兵から逃れるために
小船を出す。
 
第261回 朦雲の命で漏右衛門が信乃達を追う。朦雲は生き血を求めて真鶴に迫る。  
第262回 義留大活躍。ミヅチに変身した朦雲の鱗を削り取り、真鶴を助け出す。  
第263回 祖先の石碑の前でぬかずく樽金王子。ワザワイ、石碑の下敷きになり地中に没す。  
第264回 鱗を証拠に朦雲の正体を都中に触れまわる義留。朦雲はミヅチとなって暴れ回る。  
第265回 ミヅチとの決戦。王子のピンチに一羽の鶴が飛んできてミヅチの急所を突く。
その鶴の足には浜路の赤い珊瑚のかんざしが。
 
第266回 ミヅチを倒し、琉と球の珠を手に中城(なかぐすく)の城へ向かう王子と信乃。  
第267回 王の位に疑問を投げかける義留。尚権威は珠を奪うために王子を竜宮城へ招く。  
第268回 偽のキンマンモンのお告げにより、琉と球の珠を手放す王子。
その席上で盃を飲み干した毛国偵は毒に苦しみ出す。
 
第269回 琉球の守り神キンマンモンの祟りで祭壇の下敷きになる尚権威、中婦君、阿公。
二つの珠は樽金王子の手に戻る。
 
第270回 琉球編大団円。樽金王子は晴れて琉球の王、尚真王となる。
信乃と義留、王より舟を贈られ琉球を後にする。
 
第271回 信乃の消息を求めて、境へと向かう道節と妹の浜路。  
第272回 中山峠で浜路がかどわかされて十両の身代金。道節はふんどし姿で重戸と出会う。  
第273回 浜路をかどわかしたのは、丁六と野火という悪の夫婦。後ろで夫婦を操るは舟虫。  
第274回 重戸が工面した真心の十両。道節、丁六と野火を捕まえるが浜路は舟虫の手に。  
第275回 道節の心に響く重戸の歌。一方、信乃と義留は鬼界ヶ島に漂着。  
第276回 俊寛のあとを追って、魂の国に落ちる信乃。  
第277回 亡霊となって浜路の危機を知らせてくれた俊寛。信乃の頭上にタコが舞う。  
第278回 流人の島でタコを上げる小笠兵衛。信乃はタコで鬼界ヶ島脱出を考える。  
第279回 信乃、小笠兵衛の凧に乗って大空へ。  
第280回 小笠兵衛の過去。浜松のタコ合戦で管領扇谷定正の不興を買い島流しに。
浜路の行方を探す道節は、祠のお供え物の赤飯をかすめる舟虫を見る。
 
第281回 タコに乗った信乃、桜島の噴火で上空へ吹き上げられる。
道節は舟虫のあとをつけるが、罠に嵌まって片足の逆さ吊りに。
 
第282回 舟虫、道節の持つ忠の珠を狙うが、逆さのままの道節、腰の刀で子分二人をバッサリ。
人買いの撥当郎と舟虫は、高天神城の殿様に売りつけようと浜路を連れ去ってしまう
 
第283回 夜の海に着水する信乃、鯨に乗った伏姫が船を導いてくれる。
道節は人買いの撥当郎を探しにきた娘姿の毛野に助けられ介抱される。
 
第284回 高天神城で水くみをさせられる浜路。毛野は犬崎新の行方を聞き出す。  
第285回 高天神城に乗り込む道節だが窮地に陥る。そこへ毛野が助太刀に現れる。  
第286回 毛野、置き手紙を残して諏訪へ。役の行者の化けた笛吹き少年が道節に策を授ける。  
第287回 道節、火牛の計にて高天神城に殴り込み。信乃の乗った船は、道節の起こした火を
消そうとして玉梓が怨霊の呼び起こした、嵐と豪雨の中に。
 
第288回 役の行者が、嵐を呼ぶ玉梓が怨霊の力を封じ、道節の浜路救出作戦は成功。
嵐を避けて寄港した御前崎の港で、信乃と浜路、道節が再会。
 
第289回 ゝ大法師とも再会。信乃と道節は犬崎新を探しに諏訪へ、浜路とゝ大法師は安房へ。  
第290回 犬崎新の隠れ家に踏み込む毛野。毛野を探しに下諏訪に来た小文吾は、膏薬売りの
親子をゴロツキから助け、身を隠そうと新の隠れ家へやって来る。
 
第291回 膏薬売りの上風・下露の親子は棟梁の仇・新兵衛を探す身。  
第292回 現れたゴロツキ相手に大暴れの小文吾。助太刀をする毛野。そこへ現れた眼代に
小文吾は捕らわれ、抜け穴から下露と共に逃れた毛野は諏訪湖で竜を見る。
 
第293回 下露には竜に心当たりが。小文吾は牢の中で新が珠を売り歩いている事を聞く。  
第294回 竜の正体は潜水艦。下露の話を隠れ家で聞く毛野。その家の前を通り過ぎていく
信乃と道節。二人は諏訪の町中の旅篭で小文吾が捕まっている事を知る。
 
第295回 眼代役所に乗り込む信乃と道節。小文吾は牢を壊し、逃げる3人の前に潜水艦現る。  
第296回 新兵衛が棟梁を殺してしまった経緯。潜水艦は追われる三犬士を助ける。  
第297回 潜水艦を沈めんと玉梓が怨霊が呼んだ嵐のため、湖に放り出された三犬士。
危ういところを道節の父の家臣だった下河辺為清に助けられる。
 
第298回 道節、父の仇が鰐崎悪四郎と聞き、出雲へ旅立つ。毛野は新を捕まえるが偽者。  
第299回 新の名を語った男はスリの権兵衛。本物の新は珠を仕入れに出かけていた。  
第300回 珠に浮き出る怨の字を見て気を失う毛野。下河辺為清の息女、麻苗に頼まれて、
奉納相撲に出ていた小文吾、毛野に気を取られて負けてしまい、悌の珠を失う。
 
第301回 永山左近、主君の山鳥の卵を失くした疑いで腰元の漣(さざなみ)を責め、殺してしまう。  
第302回 左近の屋敷に起きる、無実の罪で死んだ漣の幽霊や玉梓の怨霊による怪現象の数々。  
第303回 厄払いのため、修験僧の石見太郎坊登場。しかしその夜、山鳥を盗みに来た太郎坊を
見つけた永山左近は漣の祟りによって動けなくなったところを太郎坊に斬られる。
 
第304回 犬村角太郎、逃げる太郎坊と鉢合わせ。左近の息子、十歳の永山源五郎登場。  
第305回 お家断絶と一門死罪を言い渡された源五郎、角太郎と共に父の仇討ちを決意する。
左近の母は伏姫の乳母。永山家の悲劇は玉梓が怨霊の仕業。
 
第306回 角太郎と源五郎は琵琶湖のほとりを北へと珍道中、刀を盗んだ白猿を切腹させる。  
第307回 なまずの髭を生やした娘、玉琴と出会う角太郎と源五郎。  
第308回 白髭明神の導きで悪の巣に乗り込んだ角太郎、魚の網でぐるぐる巻きにされてしまう。  
第309回 琵琶湖に沈められた角太郎を源五郎が救う。なまずの怨念で悪党の顔に髭。
玉琴の顔からは髭が消える。
 
第310回 額蔵と太郎坊の出会い.。辻村ジュサブロー氏特別出演。  
第311回 一夜の宿を探す額蔵と太郎坊。たどり着いたのは雲の上のカミナリの家だった。  
第312回 雲の絶間姫に雨の降らせ方を教わる額蔵と太郎坊、雲に乗って
大空を駆け巡る。
 
第313回 雲の上で小競り合いで額蔵は真っ逆さまに落下し、地上の角太郎と源五郎に出会う。  
第314回 太郎坊を追う3人は現八と合流するため賤ヶ岳へ。その頃、現八は怨霊に眠らされる。  
第315回 玉梓が怨霊、太郎坊の体に乗り移る。絶間姫は雨降り道具を取り戻す決心を。  
第316回 三犬士合流。山鳥を取り返しにくる太郎坊を待っていると、現れたのは小文吾と毛野を
雲に乗せた玉梓が怨霊。小文吾は雲から落とされ、毛野が人質に。
 
第317回 毛野の命と引き換えに玉を差し出す、現八、額蔵、角太郎。五犬士顔を合わせる。  
第318回 三つの珠を手にした太郎坊は絶間姫の知略により雲から墜落死。その正体は大ムカデ。  
第319回 姿を現した役の行者は、毛野の病いは外国人の怨念ゆえ、西北の方角へ向かうよう
指し示す。五犬士はそれぞれに目的を持って別れ、旅立っていく。
 
第320回 この回は40分の特別総集編。伏姫発端の場面から、七犬士の自己紹介、
悪役総登場、馬琴と九ちゃんの珍問答など。
 
第321回 義実、戦乱続く京の都の天子さまへお見舞い品を届けるため、献上役を信乃に命じる。  
第322回 館山の港から京に旅立つヽ大法師と信乃の舟。なんと積荷の影から密航した浜路が。  
第323回 甘酒に仕込まれた眠り薬で舟子達は眠り、管領に雇われた海賊が迫る。  
第324回 信乃、海中で海賊と死闘。浜路の捨て身の一太刀にて勝利。  
第325回 都に着くと頼みの仲介役、鞠小路千里麻呂は餓死しており、弟の百麻呂が舟虫を連れて
信乃の前に現れる。
 
第326回 難癖つける百麻呂。都へヽ大法師を探しに出た信乃は羅城門で浜路そっくりの女と会う。  
第327回 浜路と瓜二つの女・沙羅は盗賊の頭。一計を案じ、信乃は盗賊の手下になる。  
第328回 浜路の名演技で鞠小路家に押し入った盗賊は同士討ち。献上品を守った信乃は、
名刀村雨を仲介の手数料代わりに百麻呂に渡し、御所に献上品を届ける役目を果たす。
 
第329回 村雨を奪った舟虫から運玉ノ義留が刀をスリ返す。  
第330回 怨霊に操られ、若狭の雑兵に吹雪姫をかどわかさせる手相見の美能。
その雑兵らに巻き込まれ、信乃と浜路は別れ別れに。
 
第331回 炎の中に飛び込んで吹雪姫を助け出す信乃。  
第332回 浜路を探したい信乃だが、吹雪姫を屋敷に送り届けるといきなり婿入り話に。  
第333回 信乃を思う一心で浜路のわら人形を打ちつける吹雪姫。信乃はヽ大法師と再会。  
第334回 女賊沙羅と間違われ捕まった浜路。処刑の話を聞いて三条河原へ信乃は走る、走る。  
第335回 処刑寸前の浜路。四条河原で試運転中の霹靂車の打った石が首切り役人の頭に
当たって、浜路は命拾い。
 
第336回 刑場の混乱に乗じて浜路を救い出す信乃とヽ大法師。信乃と浜路は東海道を安房へ。  
 

・・・以下作成中・・・

 
第362回 父を亡くした幼いお勝を助ける左母二郎。  
第363回 お勝を背負って修羅場をくぐり抜ける左母二郎。
道節と現八が傷ついた左母二郎を介抱する。
 
第389回 輿入れする麻苗。雪の中じっと見送る小文吾。  
第404回 那古観音に集まる七犬士。揃って富山詣で。
その様子はニュース侍により里見城の義実に伝えられる。
出羽にて犬江親兵衛、登場。
 
第405回 新春いろはかるた・上。  
第406回 新春いろはかるた・下。  
第415回 犬江親兵衛、自己紹介。  
第440回 海戦の火ぶたは切られる。  
第441回 浦賀水道大海戦。役の行者が風をあやつり、毛野の知略と道節の活躍で、
里見方の大勝利。
 
第445回 国府台の砦に押し寄せる大軍に犬川額蔵孤軍奮闘。  
第446回 国府台の砦にとうとう八犬士集結。
8人の活躍で国府台の合戦は里見方の勝利。
 
第447回 北条早雲、重戸に息子との縁談を持ちかける。  
第451回 管領方に捕らわれた重戸、磔に。危機一髪を運玉ノ義留に救われる。  
第454回 管領を仇と狙う、小笠兵衛と危ないところを助けられた運玉ノ義留との会話。
相次ぐ味方の敗戦の知らせに業を煮やした管領定正、自ら出陣する。
 
第455回 毛野、併馬三連車に対して一計を案じる。  
第457回 里見嫡男、義成、父の許しを得て国府台の砦へ。
さらに浜路、栞、重戸、十六夜の女性陣も、文五兵衛もかけつける。
脚本の石山透氏、北条早雲の人形を操って登場。
 
第458回 北条早雲の謀反と八犬士の活躍で管領方総崩れとなる。
逃げる管領を追いかける信乃と道節。
 
第463回 富山のほこらの前で、玉梓が怨霊と対峙する八犬士。
たまり水に映った八犬士の顔は犬。
八犬士の持つ珠をつなぎ玉梓の首にかける。ゝ大法師、還俗する。
 
第464回 玉梓の魂魄をとり鎮め、金碗大助、自決。
八つの玉は犬となって空の彼方へ。
ビデオ収録


このページのトップへ

新八犬伝各話紹介その1へ

物語紹介に戻る

© 2000 「新八犬伝をもう一度見ようよ!」