「新八犬伝」の映像を探しています!


「新八犬伝」TV版は全部で464話あります。しかし、現存するのは
 その内のたった4話分、1話・20話・86話・464話(最終話)しかありません。



当時使用されていたビデオテープが外国産であり、非常に貴重かつ高価だった
ため、さらに、上書きしてまた使うことができるという特性のために、ビデオテープは
何度も使い回しにされました。

保管する目的で第1話と最終話は残されますが、それ以外の作品は、NHKの方針として、次の作品の為に消されてしまったのです。

「新八犬伝」に限らず、時代劇「天下御免」など、その他の多くの人気番組や貴重な
番組も、マスターテープが上書きされ消えていきました。

(当時のビデオテープはその頃のスタッフのお給料の3ヶ月分だったとか。作品を残そうとして隠し持っていたビデオテープを上司に見つかってしまい、泣く泣く差し出したスタッフが、上司にそのように言われたのだそうです。それでも第1話と最終話以外に、スタッフの手によって別個に「新八犬伝」20話が残されていたのは、奇跡的、と言ってもいいかもしれません。また2011年に見つかった86話も番組関係者が所有していたものです。)


さらに、作り手側の意識として、テレビの番組を資料として、また文化として保存
するという捉え方がまだ生まれていなかったとも言われます。

今でこそアーカイブスとして、放映したいろいろな番組を放送局は保存していますが、当時は、テレビ番組は瞬間の芸術であり、消えていくのは当たり前で仕方の
ないことと思われていたようです。

また、映画などに比べて、テレビ作品というのは軽く見られがちでしたが、人形劇は
子供向けの番組とされていましたから、なおさら、だったのではないでしょうか?
同時期に放送されていた、民放局でのアニメ・特撮作品などの映像がかなり残されているのをみると、本当に残念、無念としか言いようがありません。


けれども放送当時、非常に高価だったとはいえ、家庭用ビデオが発売されていました。

(1965年にオープンリール式の家庭用VTRが当時のお金で19万8千円で発売され、1971年にはカセット式のU規格と呼ばれる家庭用VTRが発売されています。また、
録画できるというテレビが当時のお金で69万8千円で発売されていたそうです。)

そして、個人でTV番組をビデオに録画していた方々が、実は全国には何人も
いらっしゃったのです。

このサイトを立ち上げて今までの間に、当時録画していました、という方々からの
情報を何件かいただいたこともありました。
ですが、長い年月の間に所在がわからなくなっていたり、すでに無くしてしまって
いたり、またNHKの方針と同じように、テープが高価なため、別の番組を上書き
して繰り返して使っていたとのお話で、現在のところ、現存する4話以外の
「新八犬伝」のTV映像は見つかっておりません。


しかし、まだ諦めるのは早いと思います。

作品が保存されていないことを、そして今、NHKが局をあげて探していることを
ご存知ない方達もまだいらっしゃるわけですから。


そして。

H26年4月にはNHKアーカイブス内に、NHKに未保存の
番組を主に家庭用VTRのビデオテープから探すための
公式サイト
「番組発掘プロジェクト」が創設されました。


特に1970年代の番組を重点的に探しているということで、すでに成果が現れ始め、創設から数ヶ月のうちにいくつかの懐かしい作品が発掘されています。
時代劇「赤ひげ」「天下堂々」や大河ドラマ「花神」、バラエティの「あなたのメロディー」「ウルトラアイ」、白黒放送の頃の子供番組「おかあさんといっしょ」など。

今の機械では再生できないと仕舞われっぱなしの古いテープをお持ちの方も
まだまだいらっしゃるかもしれません。

ですから「新八犬伝」もまだ望みはあります!


もはやNHKでは残されていない、「新八犬伝」の録画テープを
今でも持ってるよ!という方、または内容の確認はできなくても、
1970年代のNHK作品を録画した古いテープをお持ちの方、
どうか
こちらからご連絡くださいますようお願いいたします!

または直接、NHK
「番組発掘プロジェクト」内の情報提供フォームから
お知らせくださいますよう、よろしくお願いいたします!


当時の古いビデオの再生機器はNHKに残されているそうなので、映像の
確認作業はできるとのお話です。

それから。
「番組発掘プロジェクトサイトのコンテンツの一つ「発掘ニュース」にて、
H26年5月9日更新分で「新八犬伝」が取り上げられました。
辻村寿三郎先生のインタビュー記事が載っています。
「発掘募集PR」映像もぜひあわせてご覧ください。

またコンテンツの中に「' 70s NHK番組グラフィティー」がありますが、各番組の紹介と共に、思い出・コメントを投稿できるフォームや、人気投票?の
「見たい!」ボタンがクリックできるようになっています。もう一度見たいという願いをアピールできますので、よろしければ皆様もクリックしてご参加くださいね。



それと、当時の放送を音だけでも残そうと、カセットテープに録音し保存されていた方々から多数ご連絡をいただいております。
どうもありがとうございます。

テープをお貸ししましょうという有りがたいお申し出もいただいておりますが、ただ、管理人はなかなか更新作業に時間がとれず、かなり以前にご提供いただいた番組後半部の録音テープもまだ当サイトの情報として生かしきれていない状況です。
古い貴重なテープだけに取り扱いには慎重かつ細心の注意が必要となりますが、手持ちの古いカセットデッキでは万全ではありません。
さらに音声を長期保存できるようにデジタル録音できる機器も持っておりません。

もしできましたら、各自でカセットテープの音源をCD、DVD等へデジタル録音して
大切に保存していただけますよう、どうかお願いいたします。

以前、音声テープについてNHKに問い合わせたこともありますが、そうした音源をCDとして発売する等といった予定はないとのことでした。
ですが状況が変わり、いつ必要になるともわかりません。
もし動きがありましたら掲示板でお知らせしますので、そのときはどうぞご協力
くださいますよう、お願いいたします。

またよろしければ、音声テープに残された話の内容について、新八犬伝大事典 へ書き込んで資料として残してくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
    





Copyright(c)2000 「
新八犬伝をもう一度見ようよ!」All rights reserved.
当サイトの全ての画像・文章の無断転載を禁止します。